岐阜県郡上市八幡町の耳鼻科専門医。 耳、鼻、のど、めまいなどご相談ください。

診療内容

  • HOME »
  • 診療内容

診療対象となる疾患

外耳道炎
外耳道湿疹
外耳道異物

急性中耳炎
滲出性中耳炎
慢性化膿性中耳炎
真珠腫性中耳炎

突発性難聴
音響外傷
外リンパ漏
老人性難聴

急性鼻炎
アレルギー性鼻炎
肥厚性鼻炎
鼻中隔弯曲症
鼻前庭湿疹
鼻腔異物

急性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎
術後性頬部のう胞

嗅覚障害

のど

急性上気道炎(のど風邪)
急性扁桃炎
急性咽喉頭炎
アフタ性口内炎

声帯ポリープ
声帯結節
ポリープ様声帯

咽頭腫瘍
咽頭腫瘍
喉頭腫瘍

嚥下障害

顔面・頸部

顔面神経麻痺

急性耳下腺炎
流行性耳下腺炎
顎下腺炎
唾石症

急性頸部リンパ節炎

甲状腺腫瘍
唾液腺腫瘍
頸部腫瘍

めまい

良性発作性頭位めまい症
メニエール病
前庭神経炎

症状から考える疾患

 

症状:耳が痛い/耳漏がでる/耳がかゆい

▼原因として考えられる疾患

1.急性中耳炎
鼻かぜ、のどかぜを引いたときに起こりやすく、主な症状は、熱が出る、耳が痛む、耳だれが出る、難聴が起こる、耳が詰まった感じがするなどです。大人の場合は熱が出ないことが多いです。また、言葉が話せない小さな子どもの場合は、うまく症状を伝えることができませんので、「耳に手をやる」「不機嫌になる」など、子どもの様子をチェックして早く察知してあげることが大切です。
2.慢性化膿性中耳炎
急性中耳炎を繰り返していたことで、炎症により鼓膜に穴があいた状態です。鼓膜に穴があいていると中耳に汚い水が入ったり、鼻かぜの時に鼻からバイキンが中耳に入りやすいため、中耳に繰り返し炎症をおこします。このことで耳だれを繰り返したり、聴こえが悪くなります。点耳薬で一旦は耳だれは止まりますが、繰り返すことがほとんどです。聴力検査はもちろん、内耳の機能評価も行ない、CTで病変の進行度を把握した上で、通常は手術治療をします。しかし、鼻・副鼻腔疾患があると、せっかく手術しても、再び中耳炎になりやすいため、先に鼻・副鼻腔の治療をします。ただし、耳と鼻の通路の耳管機能が悪いと、手術するにしても工夫が必要ですが、限界もあります。今後、更なる耳管機能について、よりわかってこればと思います。
3.外耳道炎・湿疹
耳かきをしすぎて、外耳道(耳から鼓膜までの道)の皮膚・粘膜に湿疹ができると耳がかゆくなります。かゆくなるため耳かきがやめられないことが多く、そこに細菌感染などが起きると、耳が痛くなる外耳炎となります。痛みが強く、熱がでる場合もあります。

 

症状: 聴こえが悪い/耳が詰まった感じ/耳に水が入った感じ/耳鳴り/音が響く

▼原因として考えられる疾患

1.感音性難聴
音を感じる神経である内耳から中枢が原因でおこる難聴です。多くは、内耳に原因があり、代表として、老人性難聴、突発性難聴、騒音性難聴、メニエール病などがあります。突然、何の誘引もなく聞こえなくなるのが突発性難聴です。多くは片耳です。中枢が原因の代表は、聴神経腫瘍です。脳波の検査やMRIなどで診断していきます。耳鳴りも難聴を伴っていることがほとんどです。
2.伝音性難聴
音の伝わりがどこかでブロックされておこる難聴です。代表として耳垢、中耳炎(滲出性中耳炎、慢性中耳炎)、耳硬化症などがあります。

 

症状:鼻水がでる/鼻がつまる/くしゃみが多い/鼻が臭い/鼻水がのどに落ちてくる

▼原因として考えられる疾患

1.急性副鼻腔炎
鼻かぜで、鼻粘膜が腫れて鼻の奥の汚い鼻汁がかみ出せない状態がつづくと、副鼻腔(頬、両眼の間にある骨の中にある空洞)にばい菌が入り込みやすく、副鼻腔の換気も悪くなっているため、副鼻腔の中で炎症性の強い膿が溜まる状態です。微熱、頬・上歯・目の奥・おでこなどの痛み、膿性鼻汁、頭痛などの症状がでたりします。
2.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
急性副鼻腔炎がしっかり治っていなく、慢性的(3ヶ月以上)に副鼻腔に膿などで炎症がおこっている状態です。症状として、膿性鼻汁、鼻づまり、鼻水がのどに落ちてくる、痰がからむ・切れない、痰がからんだ咳、頭重感、鼻声、においがわかりくい(同時に、味もわかりにくくなることもあります)などの症状があります。時に、滲出性中耳炎の原因になったりすることがあります。一般的な副鼻腔炎では、膿性の鼻汁が悪臭のすることはあまりありません。鼻汁が、魚のくさったようなにおいがする場合(多くは片側多い)は、上歯の虫歯(多くは、前から数えて5、6、7番目の永久歯)のばい菌が頬にある副鼻腔に入り込み膿を溜めてしまうことが原因のことが多いです(歯性上顎洞炎)。
3.アレルギー性鼻炎
くしゃみ・鼻水・鼻づまりが主な症状です。 ほこり・ダニ・カビや、スギ・ヒノキ・イネ科など花粉などの特定のものに対して、体質的に異物反応が強くなっている状態です。過剰な異物反応を引き起こすものが、鼻に入ってくると、その物質を体外に必死に出そうと、くしゃみを引きおこしたり、鼻水で洗い流そうとしたり、鼻の粘膜を腫らして物質が入らないようにします。そのため、主な症状は、くしゃみ、水のような鼻水、鼻づまりです。多くは、くしゃみ、水のような鼻水が主な症状のときは鼻づまりはあまりなく、鼻づまりが主な症状のときはくしゃみ、鼻水が少ない印象があります。鼻づまりが主な症状の患者さんに、レーザー治療をすると、鼻づまりはよくなるが、くしゃみ、鼻水が改善しないことや悪化することがあります。それはアレルギー体質が手術してもかわらないので、レーザーなどで鼻づまりが改善しても、くしゃみや鼻水などで異物を体外に出そうとしているからです。この症状を抑えるには、後鼻神経や前篩骨神経の遮断術が有効です。通常、アレルギー性鼻炎の原因物質は、鼻の粘膜に吸着するものが主で、粒径が10~40μmのものがほとんどです。どうして、アレルギー体質になるのかの原因については、今のところはっきりわかっていません。
4.鼻中隔弯曲症
鼻の穴は左右に分かれていますが、鼻の中も口蓋垂(のどちんこ)の付け根付近の深さまで左右に分かれています。その左右に分ける仕切りが鼻中隔ですが、1つの軟骨、4つの骨で形成されています。成長期にこれらの軟骨・骨の接合部でお互いが押し合うことで弯曲していくのではともいわれています。この弯曲が強いと、かぜや鼻炎で周囲の鼻粘膜が腫れると、簡単に鼻がつまりやすく、治りにくいので蓄膿にもなりやすいです。薬で弯曲は治らないので、この弯曲が鼻閉や蓄膿の要因と考えた場合は、手術治療が有効な手段です。

 

 

 

症状:鼻血がでる(鼻に分布する血管に何かの原因で、穴があいて出血すること)

▼原因として考えられる疾患

1.鼻出血
鼻の中には、毛細血管を含め、細い血管が網の目のように張り巡らされています。当然、その血管そのものが露出しているわけではなく、血管の周囲には粘膜下組織、粘膜が覆っているため、通常は血管に穴があくことはありません。しかし、鼻の穴からすぐ入口付近のところには毛細血管やそれよりやや太い程度の血管が多く分布していますが、血管を覆っている粘膜下組織が他の鼻の部位と比べ少ないところが多く、粘膜のみで覆われていることもしばしばです。空気が乾燥していると、粘膜に亀裂が入りやすく、その裂け目部分にある血管が傷つき、穴があいて出血します。鼻出血のおよそ8割は、鼻の入口付近の、粘膜下組織の少ない鼻中隔(鼻の中を左右に分けているもの)からです。
鼻の奥になるほど、血管は太くはなりますが、粘膜下組織も多くなるため出血する可能性は低いですが、それでも、動脈硬化などで血管が蛇行したりして、粘膜下組織の少ない場所で出血することがあります。このときは通常鼻を押さえても止まらず、口の方に血液が常に垂れ込んできます。上を向いて横になると、血液がのどに落ちてきて固まるので、呼吸しにくくなり、注意が必要です。坐位で、へそを見るように頭を下げ、口呼吸し、のどに落ちてくる血液は口から吐き出すことが大事です(力みすぎないよう)。たいてい、のどに血液が落ちてくるほどの鼻出血は、とまらないことがほとんどなので、早めに救急車を呼ぶことが必要です。
2.鼻・副鼻腔腫瘍
腫瘍は大きくなるために周囲から血管をひっぱってきて栄養を得ようとします。特に、悪性腫瘍でその傾向があります。
悪性腫瘍では、増殖スピードが早いので、腫瘍を栄養する血管を腫瘍そのものがつぶしてしまうことがあり、それによって酸欠に陥った腫瘍の一部がくさってしまい、ここからドッと出血することがあります。
血管系の良性腫瘍も出血のリスクはありますが、多くは被膜というもので覆われているため、これが破れなければ出血しません。
当院でのCT検査では、こういった鼻腔内の腫瘍が疑われるときに、腫瘍の広がりや性質の状態を把握することが可能です。
当院では、一部の良性腫瘍以外は、総合病院・大学病院などに速やかに紹介させていただきます。

 

症状:鼻がかゆい/鼻を押すと痛い

▼原因として考えられる疾患

1.鼻前庭湿疹
鼻の入口の皮膚部分をよく触ることで、この部位に炎症を起こした状態です。かさぶたのような、鼻くそがよくついてなかなか治らないこともあります。鼻毛をよく抜く人や、アレルギー性鼻炎(鼻がむずがゆくなるので鼻をこする)の人が多い印象です。通常、軟膏の塗布や、抗アレルギー剤などで速やかに良くなることがほとんどです。
2.鼻せつ
鼻前庭湿疹に、細菌が感染をおこすと、痛みや腫れたりします。上記の鼻前庭湿疹の治療に加えて、抗生剤の内服が必要なことが多いです。経験は無いですが、ひどいときは切開して排膿する必要もでてきます。

 

症状:においがしない

▼原因として考えられる疾患

1.呼吸性嗅覚障害
においの神経に、におい物質が到達できない状態。原因として、副鼻腔炎がほとんどで、膿性・粘性鼻汁や鼻ポリープなどがにおい物質の通過を邪魔します。
2.嗅粘膜性嗅覚障害(末梢神経性)
嗅粘膜にある嗅細胞の障害。かぜなどのウイルス、副鼻腔炎のばい菌、有害物質の吸引、加齢などが原因としてあります。
3.中枢性嗅覚障害

2.の障害部位より嗅覚の中枢である嗅球までの障害。頭部外傷、脳腫瘍、嗅球の発育障害、加齢、アルツハイマーなどが原因となりうる。時に、心療内科的な原因もあります。

のど

 

症状:のどが痛い/のどが腫れている/声が嗄れている

▼原因として考えられる疾患

1.風邪・急性咽喉頭炎
主にウイルスの感染で上気道(鼻腔や咽頭等)に炎症がおこった状態。症状は、咳、のどの痛み、鼻汁、鼻づまりなど局部症状に、発熱、全身倦怠感、頭痛など全身症状をともなう。インフルエンザもかぜの一種です。体力が元々弱っていなければ、かぜをひいても、3~4日の安静で殆どよくなりますが、体力が低下していたり、くすりで対処療法のみして、睡眠を十分とる、体を休めるなどを怠っていると、かえって長引きやすくなります。また、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の患者さんは、かぜをひくと熱が下がっても、咳、のどの痛み、鼻汁、鼻づまりなどの症状が長引きやすくなります。
2.急性扁桃炎
口蓋垂(のどちんこ)の左右に一個ずつある口蓋扁桃に急性の炎症が起こる病気です。健康な人にも口蓋扁桃には、常在菌という細菌が住みついていますが、かぜなどで抵抗力が低下すると、常在菌が増えないように調節していた免疫力も低下して、常在菌が増えて口蓋扁桃に活動性の炎症がおき、のどの痛みが強くなり高熱が出る病気です。のどの痛みはかなり強く、つばを飲み込むのも辛くなってきます。そのため食事が充分にとることができません。症状が激しい場合は入院しなくてはならないこともあります。
3.声帯ポリープ
仕事などで声をよく使う人になりやすい病気です。風邪の症状はないけど、声だけ嗄れてしまいます。当院にある電子スコープで声帯を直接見ることによりポリープを発見することが可能です。
声が嗄れてしまう病気は他にも多くありますので、症状のある患者さんはご相談ください。

 

症状:のどが詰まった感じ/のどに異物感がある

▼原因として考えられる疾患

1.胃食道逆流症・逆流性食道炎

胃酸が食道内に逆流してくることにより食道の粘膜が荒れてしまい、このような症状が出現します。他の症状としては胸やけ・げっぷなどです。痛みは感じませんが、非常にのど周りに違和感を感じます。

胃酸を抑える薬を内服し、食道粘膜が荒れるのを防ぎます。粘膜の荒れが改善してくると自然とのどの違和感も減少します。

食生活の乱れや生活のリズムが崩れたりすると、なりやすい病気です。

2.甲状腺疾患
のどの前面には甲状腺というホルモンを産生する臓器があります。甲状腺に腫瘍がある場合はのどを前方から圧迫するため、このような症状がでます。また甲状腺の機能が上昇していたり、低下していたりしても、のどの違和感が出てくる場合もあります。

 

症状: 口の中に腫れものがある

▼原因として考えられる疾患

1.腫瘍
腫瘍には大きく分けて良性腫瘍と悪性腫瘍があります。できている腫瘍の大きさや形・硬さなどから大体の良悪性の判断が可能です。
この腫瘍は様子を見ていて大丈夫なのか?またはすぐに検査を進めて治療しなくてはならないのか?を判断します。

 

症状:顔が動かしにくい

▼原因として考えられる疾患

1.顔面神経麻痺
『食事中、片方の口から食べ物がこぼれる』
『片方の眼が閉じにくい』『片方の舌がしびれる、味がおかしい』『周囲の音がうるさく感じる』
といった症状が出ます。顔面の表情を作る筋肉は顔面神経の働きで動いています。顔面神経は、脳からでると側頭骨(内耳、中耳、外耳を構成する骨)の中を走行し、耳介の下から側頭骨外に出て、顔面の表情筋に分布します。何かの原因でこの神経が麻痺してしまうと、片方の顔面が動きにくくなります。多くは、中耳~内耳の間で障害されることが多く、交通事故などによる外傷性の側頭骨骨折や、顔面神経に潜伏している単純ヘルペス、帯状疱疹ヘルペスが宿主の免疫力低下などで再活性化されると、顔面神経が障害され麻痺が起きます。麻痺がおこる2~3日前から耳周囲の痛みを感じることもあります。
早期の評価・治療が重要ですので、症状が出た患者さんはすぐ耳鼻咽喉科を受診してください。

 

症状:頬が痛い/眼やおでこが痛い

▼原因として考えられる疾患

1.急性副鼻腔炎(急性上顎洞炎)
眼の下の頬の骨の中に、骨で囲まれた大きな空洞(上顎洞)があり、鼻腔との間に空気の通る換気のための狭い通路があります。風邪やアレルギー性鼻炎などで、この通路が閉鎖すると上顎洞の空気がよどんでしまい、細菌が繁殖し膿がたまります。膿によって副鼻腔の粘膜に炎症がおこると、副鼻腔炎になります。この炎症が強いと、膿を動かす頭部の動き(頭を下げるなど)で、頬や眼の間やおでこなどの副鼻腔に一致した部位に強い痛みが起こります。
耳鼻科での治療は、鼻の粘膜の腫れを解消し、副鼻腔との換気孔を広げる鼻・副鼻腔処置やネブライザー治療をしますが、さらに抗生物質の投与、必要なら抗アレルギー剤を追加します。それでも、痛みが続く場合は、外科的に外来で上顎洞穿刺や上顎洞開窓術を行ないます。
2.術後性頬部のう胞
現在は、副鼻腔炎の手術は内視鏡を使って鼻の穴から手術しますが、20年前までは歯ぐきを切開して手術をしていました。現在は、副鼻腔の換気の通路を大きく鼻腔に開放して、副鼻腔に十分に空気がいくと、炎症で腫れていた副鼻腔粘膜が正常化することも多いため、副鼻腔粘膜は温存しますが、20年前までは、手術しないといけない副鼻腔粘膜は良くならないとして、全て除去して、骨を露出させていました。

めまい

 

症状:自分や周囲がグルグルまわる/頭やからだがグラグラ揺れている感じがする

▼原因として考えられる疾患

1.良性発作性頭位めまい症
『寝ていて起き上がろうとしたとき急にぐるぐる回った』
『頭を動かしたときに急にめまいがした』
といった症状が出ます。かなり激しいめまいがするので、びっくりしてしまう人が多いです。よくあるめまい症のひとつで三半規管にめまいの原因がありますが、めまいの症状は徐々に減少していきます。
2.メニエール病
突然めまいがして気分が悪くなり、それに伴って耳鳴りや難聴が出現する病気です。
繰り返しこのような症状が起こることが特徴です。日常生活での疲れ・ストレスなどがめまい発作の誘因となると言われています。
3.前庭神経炎
この病気も突然めまいが出現しますが、耳鳴りや難聴はありません。
まためまいがしている時間が非常に長く、立っているのは難しく、めまいのため座ることもできない状態になります。
上記の2つの病気についで多いめまいの病気です。

 

症状:体がふわふわする立ちくらみがある/立ち上がった瞬間にクラッとしたり、長く立っていると目の前が暗くなる感じがする

▼原因として考えられる疾患

1.起立性調節障害
朝なかなか起きられず午前中調子が悪い、立ちくらみしやすい、長く立っているのがしんどい、よくお腹が痛くなる、顔色が青白い、頭痛がよくある、長く風呂に入るのが苦手などの症状が、3つ以上当てはまり、起立性低血圧などを伴う場合に診断されます。治療は、原因となる疾患が隠れていないかチェックして、除外されれば、規則正しい生活、適度な運動を心掛け、十分な睡眠をとることを心掛けます。必要な場合には薬の投与を行います。
2.起立性低血圧
立ち上がったときに血圧が過度に低下し、結果として脳への血流が減少して、めまいや失神が起こることです。原因として、貧血、脱水、降圧剤の効きすぎ、自律神経の障害などがあります。治療は、原因に対する精査と治療、生活指導が中心になります。

くび、飲み込み

 

症状:首に腫れものがある

▼原因として考えられる疾患

1.嚢胞
正中頸嚢胞...くびの真ん中で、喉仏の上に丸く表面がスムーズでプヨプヨとしたもの。特に症状はないが、感染を起こすと痛み、嚢胞・皮膚が破れると穴から分泌物が出続けます。胎児の時の甲状腺を形成するする際にできる管が自然閉鎖しないで残ることが原因と言われています。治療は原則手術になります(再発することもありますが)。手術は全身麻酔で行うので、総合病院、大学病院へ紹介になります。
側頸嚢胞...首の横の筋肉で、 横を向いたときに、スッと浮き出るわりと太い筋肉の上1/3の高さで発生する中に液体が存在する袋です。炎症がなければ無痛です。治療は、正中頸嚢胞と同じです。
2.頸部リンパ節炎
細菌やウイルスがのどの粘膜、虫歯、その他頭頸部領域の粘膜に感染をおこし、この影響で頸部のリンパ節が炎症を起こして腫れた状態です。通常、押すと痛むことが多く、ウイルス性のものは左右両側が多いです。治療は原因治療をします。
3.頸部リンパ節転移
多くは口腔・咽頭・喉頭・甲状腺などの癌の転移がほとんどです。疑われた場合は、ファイバーで咽頭・喉頭をチェックし、超音波検査で甲状腺、リンパ節の所在を確認し、高次の医療機関(総合病院、大学病院など)へ速やかに紹介します。
3.甲状腺の腫れ
甲状腺の腫れを認める場合、採血で甲状腺ホルモンのチェック、超音波検査で腫れの程度、局在、性状を確認し、ホルモン異常によるび漫性の腫脹なのか、腫瘍性の腫脹なのかを精査し、必要と判断した場合には高次の医療機関(総合病院、大学病院など)へ速やかに紹介します。

 

症状:飲み込みにくい/食事の時や水分をとるときにむせる

▼原因として考えられる疾患

1.咽頭・喉頭・頸部食道腫瘍
ご飯の通り道である咽頭や食道、声を出したり、空気の通り道である喉頭などに腫瘍ができると、飲み込みにくい、ものが通りにくいなどの症状がでます。ファイバーなどで腫瘍の有無を確認し、腫瘍が見つかれば高次の医療機関(総合病院や大学病院など)に紹介します。頸部食道は耳鼻咽喉科のファイバーでは確認できないため、消化器内科で胃カメラの時に頸部食道~胸部食道をチェックしてもらいます。
2.脳梗塞などによる嚥下障害
我々が飲み込みの時に意識できるのは、口の中でものをかんでいる間と、かんだものを舌を使ってのどの奥に送り込む最初だけです。その後は、意識とは無関係に勝手に喉仏が挙上して食べ物が食道に入っていきます。この無意識におこるのどの動きなどは反射で起きますが、脳梗塞や脳出血などでこの反射が消失することがあります。原因が耳鼻咽喉科の疾患ではないため、内科や脳神経外科でみることが多いですが、この反射の程度の評価(経口摂取可能か否か、経口摂取可能なら、どの形態の食事まで可能かの判断につながる)は耳鼻咽喉科医が得意とするところです。急性期の嚥下障害へのリハビリなども耳鼻咽喉科の関与が重要です。重度の嚥下障害では、誤嚥性肺炎を繰り返すため、本人・家族と相談して必要なら手術を含めて高次の医療機関(総合病院や大学病院など)に紹介させていただきます。
PAGETOP